本場ドイツやヨーロッパではカードゲームの定番中の定番!(みたいです)

でも日本での知名度はイマイチ。というか全然ないですね(笑)。

でもその面白さのポテンシャルはUNOなんかをはるかに凌駕します。

カードゲームでありながらドイツゲーム賞に輝いたその奥深い世界をご堪能あれ!

基本情報

・デザイナー:ヴォルフガング・クラマー
・メーカー :AMIGO
・対象年齢 :8歳以上
・プレイ人数:2~10人
・プレイ時間:30分
・主な受賞歴:ドイツゲーム賞(1994年)

ルール

テーブルにはカードの列が4つあります。

プレイヤーはカードを1枚カードを選び、一斉に公開します。出されたカードは小さい順にカード
に処理され、「出したカードより小さく、一番近い数字のカード」の後ろに並べていきます。

コンポーネントの質


カードは全部で104枚あり、1~104までのカードが1枚ずつです。

カードの手触りはよく、安っぽさはありません。

各カードには上下に「牛マーク」が書かれています。

多くは1つしかマークが書かれていませんが、5の倍数やゾロ目(11や66など)は牛マークが
多く、カラフルなデザインになっています。

感想

手札を10枚配ります。

各列は5枚まで並べる事ができます。

6枚目のカードを出してしまったプレイヤーは、その列のカードをすべて引き取ります。

この時引き取ったカードは、手札とは別にしておきます。

10枚のカードを出し終わった時点で1ラウンドが終了します。

引き取ったカードに描かれている「牛マーク」の数が失点になります。

何ラウンドかプレイして66点の失点を受けたプレイヤーが出た時点でゲームが終了します。

選んだカードを一斉にオープンし、小さい数字の順からカードを並べていきます。

大事なのは「出したカードより小さく、一番近い数字のカード」の後ろに並べるという点です。

並べる場所はプレイヤーが選ぶ事は出来ません。

例えば画像のようにカードが公開された場合、「19→34→38→58」の順番で4つの列の
後ろに並べていきます。


もし場のカードより小さい数字のカードを出した場合、カードを並べる前に好きな列を選んで
その列全てのカードを引き取り、出したカードが新しい列のカードになります。


ゲームが進むと画像のようになります。

次に上から3番目の「67」の後ろにカードを置いたプレイヤーが、それ列にあった5枚のカード
を引き取り取ります。

他のプレイヤーのカードの出し方によって、ゲームの展開が大きく変わっていきます。

安全だと思って出したカードが、6枚目のカードになって引き取らなければいけない、といった事
が起こります。

カードを出すごとに「どの列を引き取って失点を最小限にするか」という選択を迫られます。

特にカラフルなカードは1枚当たりの失点が多いので、できれば避けたい所です。

特に5の倍数でゾロ目の「55」(通称:松井)はゲーム内でもっとも失点の高いカードなので、
みんなが避けようとします。

ある程度先読みは可能ですが、他のプレイヤーの思惑が絡んできて、なかなかうまくいきません。

少人数でのプレイであれば、出しても安全なカードというのも、ある程度存在しますが、大人数に
なると安全な場所は事実上なく、カードの動きも激しくなっていきます。

しかし、それこそがニムトの面白い所で、プレイする人によって様々なゲーム展開があります。

上級者同士が読み合いしながらする勝負も面白いですし、大人数でワイワイ楽しむ事もできます。

上級者と初心者が混ざってゲームをして、いい勝負ができるのがニムトです。

評価

(5/5)
10人までとプレイ人数に幅があり、ルールも分かりやすいのも評価のポイントです。

おすすめしたいプレイヤー、シチュエーション

ボードゲームが初めてという人や、ファミリーにオススメ。

プレイ人数の多さからパーティーにも向いています。