ずーっと欲しかったのですが、なかなか手に入んなくて、やっと手に入れたときは既に第2版に
なっていました(笑)。
※ちなみに第2版は、一人プレイ用ルールが追加されています。

あなたはマフィアとなり街のゴロツキをスカウトするという、一風変わったテーマのゲーム。

箱の絵もまさにドン・コルレオーネ!

さあ、ゴッドファーザーになるのは誰だ!?

基本情報

・デザイナー:フリーデマン・フリーゼ
・メーカー :アークライト
・対象年齢 :10歳以上
・プレイ人数:1~2人
・プレイ時間:30分
・主な受賞歴:-

ルール

プレイヤーは互いにライバル同士のマフィアギャングです。

4つのファミリーから構成員をスカウトし、自分の組織を充実させていきます。

各ファミリーはそれぞれ特殊能力を持っています。

能力を上手に使いながら勝利点を稼いだプレイヤーが「ゴッドファーザー」となり、ゲームに
勝ちます。

コンポーネントの質

カードは全部で60枚です。

4つのファミリーが15枚ずつです。

カードには0~4までのランクが記されています。

サイズは縦長で、横幅は他のカードゲームサイズと同じです。

カードの表面はつるつるしており、時々カードがくっつくような感じがありますが、ゲームの進行
を著しく妨げる、というほどではありません。

感想

場には6枚のカードが公開されています。

この公開されている場を「ストリート」と呼びます。

ストリートにいるギャングをスカウトし、組織を大きくしていきます。

スカウトの仕方は、獲得したいカードと「同じファミリーの1ランク低いカード2枚」を手札から
出し、ストリートのカードを手札に加えます。

カード獲得のために出した手札のうち1枚を手札に戻し、もう1枚は「組事務所」と呼ばれる
プレイエリアに置いておきます。

ランク0に関しては、そのまま手札に加える事ができます。

山札が無くなったら捨て札をシャッフルして混ぜ、新しい山札を作ります。

2回目の山札が無くなったらゲーム終了です。

このゲームには4つのファミリーが出てきます。

各ファミリーごとに色分けされていて、それぞれ特殊能力があり、それらを上手に使っていくのが
ポイントになります。

 


『愚連隊(ブルーツ』:黄
プレイした愚連隊カードのランク値分、ストリートにいるカード1枚のランクを下げる事が
できます。

『仕切屋(アカウンタンツ)』:青
組事務所のカードを手札に戻す事ができます。

 


『傭兵団(マーシナリーズ)』:緑
傭兵団のカードは他のファミリーのカードとして代用する事ができます。

『名門(ファミリア)』:赤
特殊能力はありませんが、他のファミリーより勝利点が高く設定されています。

それぞれのファミリーの特殊能力をうまく使っていく事が重要なゲームですが、カードをプレイ
していくと手札が減っていきます。

1つのファミリーばかり集めていると、後半身動きがとりづらくなってしまいます。

手札と組事務所のカードを駆使していく必要があります。

また、ストリートにギャングカードが並んでいき、スカウトするというテーマも合っており、
プレイヤーはボスになったつもりで品定めをしていきます。

ギャングがモチーフになっていますが、イラストはコミカルに描かれていて、全てのカードで印刷
されているキャラクターが異なります。

 

プレイ時間こそ30分と短いものの、手札やカードの管理に常に頭を悩ませるゲームです。

評価

(4/5)
テーマとプレイ感がよくマッチしており、2人用のゲームとして非常によくできています。

ルールがちょっと飲み込みにくいかな(私だけ?)

おすすめしたいプレイヤー、シチュエーション

比較的短時間で遊べる2人用ゲームとしてオススメです。