2017年で20周年を迎え、今もなお根強い人気を誇る「ボーナンザ」。

多くの拡張版がその人気の高さを裏付けています。

ローゼンベルクは私が好きなデザイナーで、この「ボーナンザ」は今までに家族でプレイした機会
が一番多いゲームかもしれません。

ドイツゲームのカードゲーム初心者にも持って来いの一品です!

基本情報

・デザイナー:ウヴェ・ローゼンベルク
・メーカー :AMIGO
・対象年齢 :12歳以上
・プレイ人数:3~5人
・プレイ時間:45分

ルール

各プレイヤーは、自分の畑に豆を植えて収穫する事で、収入を得ます。

1つの畑で同じ種類の豆がたくさん収穫されればされるほど、収入は増えます。

しかし、最初は畑を2つしか持っていません。

時には安値になったり、収入にならなかったりする場合もあります。

他のプレイヤーとの交渉を通じて上手に植える豆をコントロールしていき、ターラー
(ゲーム内の通貨)を稼ぎます。

コンポーネントの質

豆カードが全部で104枚、3つ目の豆畑カードが6枚です。

カードの内訳は以下の通りです。

20枚:BLUE BEAN

18枚:CHILI BEAN

16枚:STINK BEAN

14枚:GREEN BEAN

12枚:SOY BEAN

10枚:BLACK-EYED BEAN

8枚 :RED BEAN

6枚 :GARDEN BEAN

各カードの総枚数はカードに記載されているので、ゲーム中いつでも確認する事ができます。

カードの裏は金貨のイラストが描かれています。

感想

まずこのゲームは『手札のカードの順番を入れ替える事ができない』というルールがあります。

使うカードは常に手前から使わなければならず、補充される時は後ろに補充しなくてはいけません。

 


画像の手札の場合、「8、20、16、12、16、12、20」の順番でしか使う事が
できません。

手番は4つの行動を行う必要があります。

【豆カードのプレイ】
手札の手前を1~2枚を自分の前に表にして出します。

【交換と贈与】
山札の上から2枚を表向きにして出します。

このカードは手番プレイヤーの畑に植える事ができますが、他のプレイヤーと交渉をして
交換材料にする事ができます。

 


この場合、手元の畑は埋まっているため、めくられたカードを植えるには収穫する必要があり
ますが、どちらの畑も今収穫しても収入は得られません。

めくられたカードを他のプレイヤーに提供する代わりに、相手の手札を受け取る事ができます。

また、手番プレイヤーの手札をつけて2:1や3:1の交渉もできます。

この時、交渉に出すカードは、手札のどこからでも出す事ができます。

ただし、手札と手札の交換はできず、手番プレイヤー以外同士での交渉もできません。

【豆をまく】
手番プレイヤーも他プレイヤーも、前の手順で獲得したカードは、手札に加えずに豆畑に
植えなければいけません。

【カードを引く】
山札から1枚ずつ3枚カードを引いて、手札の後ろに加えて、左隣のプレイヤーに手番が移ります。

豆畑は全てのプレイヤーがいつでも売る事ができます。

3ターラーを支払う事で、3つ目の豆畑カードを得る事ができます。

豆の価格はカードによって異なります。

カードの下にあるコインのアイコンで確認でき、その下の数字は集める枚数です。

 


GREEN BEANは2枚で2ターラーになるのに対し、BLUE BEANは4枚集めないと
1ターラーになりません。

画像の状態だと、GREEN BEANは収穫すると2ターラーになりますが、BLUE BEANは
4枚で1ターラーになるため、3枚では収穫しても収入を得られません。

カードを売る時は豆畑に植えているカードから獲得できるターラーの分を裏向きにして置き、
残りは全て捨て札にします。

カードの裏面が獲得金額になるため、ゲームチップを他に用意する必要はありません。

山札が無くなると捨て札を切り直して新しい山札を作ります。

3回目の山札が無くなったら、ゲームが終了します。

植えられている豆を全て売り、所持金の多いプレイヤーが勝ちです。

「手札の順番を変えられない」、「豆は必ず植えなくてはならない」などの強制ルールがあって
やや取っつきにくそうなイメージがありますが、2手番くらいすると慣れるくらいで難しくは
ありません。

このゲームの醍醐味である交渉はルールが緩めです。

タダで譲渡する事もできますし、口約束も可能ですし、それを破っても構いません。

プレイヤー同士で会話を楽しみながらゲームを進める事ができます。

評価

(5/5)
カードゲームながらプレイ時間45分と、たっぷりと交渉を楽しめるゲームです。

おすすめしたいプレイヤー、シチュエーション

会話を楽しむゲームなので、友人同士のプレイはもちろん、家族でも盛り上がれます。