_AC_US200_
ドイツゲームを語る上で、「カタン」はかかせません!

今回はそんな「カタン」の紹介記事です。

興味を持ったら是非ともみんなでカタン島を開拓してみてください。

基本情報

・デザイナー:クラウス・トイバー
・メーカー :GP(ジーピー)
・対象年齢 :8歳以上
・プレイ人数:3~4人(スタンダード版)
・プレイ時間:60分
・主な受賞歴:ドイツ年間ゲーム大賞(1995年)
       ドイツゲーム賞(1995年)

ルール

数字がランダムに置かれた土地が舞台。

サイコロを振り、出た数字の土地に陣地を持っている人は資源を獲得できる。

一定量の資源を集めると、道や家や街を作ることができ、自分の陣地を広げられる。

そこで新たに資源を獲得。

つまり拡大再生産のシステムでゲームは進み、最終的に10点取った人が勝ち。

でも点数の取り方はそれだけじゃなくて、「最も長い道」や「最も強い軍隊」を作ったら
ボーナス獲得したり。

資源の獲得は他プレーヤーと交渉の上、交換でも可能。

この「交渉」、カタンのカギ。

運と交渉力が試されるゲーム。
ボード全体

資源組合せ


ボーナスカード

コンポーネントの質

土地やカード類は紙製。美しいイラストが描かれている。

厚みがあるので、破損や湾曲は雑に扱わない限り避けられるだろう。

陣地のコマなどはプラスチック製。

4色展開でカラフル(スタンダード版)。

はっきりとした色合いのため他の色と見間違うことがない。

白でも存在感がある。

カッティングが細かく、道路、都市など精密にできている。

まあ木製ならもっと雰囲気でるんだろうけど。
土地と資源

コマ

感想

プレイ時間60分とあるが、同レベルのいい大人4人なら4時間要することもある、じっくり
進んでいくゲーム。

得点を積む方法は、資源を集める以外にも特別カードなど多くの複雑なルールがある。

毎回戦い方が違い、マンネリしないところが多くの人を惹きつける魅力だろう。

サイコロの運も重要であるし、他プレイヤーとの交渉力も求められ、かなり頭を使うゲームである。

陣地の広げ方、資源の組み合わせ、特別カードの使い方などすべての行動にコツがあり勝敗に
影響してくるため、経験値が大きく物を言うと感じる。回数を重ねると他プレイヤーの戦略が
読めるようになり、探り合い状態になる。

5人で拡張版(拡張版はスタンダード版とは別売り)をプレイしたときは資源も揃わず一向に陣地を
広げることができず、10点獲得など可能なのか?!とゴールが程遠く感じた。

時間の関係で3時間ほどでゲームを中断したが、続けていたら何時間かかっていたのか想像が
つかない。

3時間の時点で最高得点はたった4点。それでも常に考え、交渉、と熱中していたためあっと
言う間の3時間だった。

家族2人でプレイすることがあるが、2人だとあっという間に終わる。2人であれば、ゲームが
謳っている通り毎回60分ほどで終了している。

テンポよくどんどん進むのでルールを覚えたりコツを掴むのにはもってこいだが、やはり交渉の
楽しさは2人では味わえない。

交換するとただただ相手の利益となってしまうから。

大人数プレイ、少人数プレイそれぞれの良さがあるが、やはりカタンを十分に楽しむには交渉の
楽しみが不可欠。

交渉と言っても難しいことはなく、意外とあっさり貰えたりもするし、決裂したからと言って
ペナルティがある訳でもない。

他人との会話の楽しさを再認識するという意味でも、是非4人以上のプレイをおすすめする。

評価

(5/5)
他プレイヤーとの交渉が楽しい。

おすすめしたいプレイヤーやシチュエーション

ありとあらゆるプレイヤー、シチュエーションにおすすめ。
ファミリーでも子供同士でも大人同士でも。ヒマな学生なんか持ってこいじゃないかな。
家族団らんにもいいし、家飲みでプレイするのも盛り上がると思います。

カタン スタンダード版


カタン スタンダード 5-6人用拡張版